Official Blog

公式ブログ

冬のマリーナ vol.2

2月も終え、晴れの日は段々と暖かくなってきましたが、時折訪れる厳しい寒さで体調を崩さないように、まだまだ注意が必要ですね。

こんにちは、辻です。

桜のシーズンまではもうしばらくあるので、今回も出番が少ないこの時期だらこそ集中してできる、船の手入れをご紹介していきたいと思います。

今回は、ウロコ落としについてです。

船は毎回帰ってくると、真水で塩気を落とす「塩抜き」という作業を行います。

ここで拭き上げまでしてあげるとなお良いのですが、水を流したまんま放置したり、雨が降ったりすると、水分に含まれるミネラルによって、写真のような「ウロコ」と呼ばれる水跡が残ってしまいます。

これが付いてしまうととても見づらくなってしまい、潮を被ったり雨が降ったりすると、次の写真のようにこのウォータースポットに水が付きがちになります(乾くと塩が残るのでわかりやすいと思います)。

これを落としていくのですが、ガラス部分はサンダーにダイヤモンドパッドを付け、適宜水を流しながら落としていきます。すると、カルシウムが白い粉になって浮き出てくるので、これが落ちている証拠になります。

アクリル部分は、傷が入りやすいので、写真のようにコンパウンドを使って落としていきます。

写真の上側が、ウロコを削った後、下側がまだの状態です。これを見ると、水の流れた跡がより分かりやすいと思います。

この作業を繰り返して、すべての窓を仕上げていきます。

これは、2枚目の写真の船の作業後の写真です。先ほどの写真と反対側で、同じように汚れていましたが、とてもキレイになりました。

1枚目の写真の船も、ご覧の通り✨

最後は撥水コーティングをして完了です。

これで、雨の日や潮を被った時にも撥水が効いてるので、快適に航行できると思います🌊

今回は汚れのひどい船からやりましたが、また適宜クラブ艇の方も作業を進められたらいいなと思います。

みなさまの船遊びが快適なものとなるよう、サポートしていきますので、またぜひ気軽にお越しください!!

スタッフ一同、お待ちしております。


お客様のプライバシーを守るためにSSLを使用しています。SSLとは、情報を暗号化して送受信し、インターネット上での通信を保護する仕組みです。128ビットRC4や168ビットTripleDESなど、非常に強力なものも含め、SSL3で規定されているすべての暗号化に対応しています。これらに対応しているブラウザをお持ちなら、通信内容を強力に保護することができます。これにより、クレジットカード番号や住所、電話番号などお客様の個人情報をすべて暗号化して送受信しています